シミ・クスミの原因と予防法、肌を酸化させる活性酸素の対処法

素材 鏡みずみずしく明るい肌を目指す女性にとって、大いなる敵の一つはシミやクスミ。

シミ・クスミがあると、肌が暗く見え、見た目年齢にも影響を与えてしまいますよね。

今回は、このシミ・クスミについて、どのような原因があり、どのような対策・予防法があるのかを簡単にまとめてみたいと思います。

シミ・クスミが気になるときはこの予防法を意識して、日々のケアに取り組みましょう!

シミの種類

シミの原因には、大きく分けて「紫外線」と「酸化」があります。
それでは、それぞれの原因をまとめてみましょう。

1.「紫外線」が原因でできるシミ

第1段階 紫外線を受け、色素形成細胞が活性化する。
第2段階 メラニン色素が多量に生成される。
第3段階 局部的に細胞の営みが破綻してシミになる。

2.「酸化」が原因でできるシミ

第1段階 活性酸素などのフリーラジカルによって、過酸化脂質が形成される。
第2段階 過酸化脂質がタンパク質と結合して、老化色素が形成される。

シミの予防法

1.「紫外線」によるシミの予防法

1 紫外線防止
2 色素形成細胞(メラノサイト)の異常活性防止
3 肌細胞の営みを整える

2.「酸化」によるシミの予防法

1 酸化防止
2 血液の循環をよくする
3 肌細胞を傷つけない
4 肌をみずみずしく保つ

 

シミの原因には、「紫外線」と「酸化」があると書きました。
そして予防法は、何と言ってもそれぞれの第1原因である「紫外線」防止と「酸化」防止です。

具体的には、「紫外線」を防止したい場合、日焼け止めを使ったり、長時間日差しを浴びないなど、すぐに対処法が思い浮かびます。
しかし「活性酸素」や「酸化」への対処はどうしたらいいのでしょうか。

そこで次に、活性酸素、酸化についてのお話をしたいと思います。

お肌を酸化させる「活性酸素」について

活性酸素とは

「活性酸素」とは、酸化力が強力な酸素

結論から言うと、「活性酸素」とは酸化力が強力な酸素のことです。

細胞にとって酸化とは、老化と同じ。
ですから、アンチエイジングのためには、抗酸化が大切だと言われるのです。

「活性酸素」が大量に作られるとお肌は酸化し、老化してしまいます。
一体どうして酸化を促すこの活性酸素が作られるのでしょうか。

以下でその要因を知っておきましょう。

活性酸酸素が作られる要因

活性酸酸素は、普通に生活していても作られています。人が呼吸によって取り入れた酸素のうち、約2%が活性酸素になると言われます。

紫外線

紫外線を浴びると、身体を守るために活性酸素が発生します。
肌に直接浴びた場合には強力な活性酸素が生まれるため、シミなどの肌トラブルの原因になります。

ストレス

ストレスを受けると、身体はそれに対抗しようとします。
そこでストレスを緩和させるために「副腎皮質ホルモン」が分泌されるのですが、その際一緒に活性酸素も作られてしまいます

その他

他に、喫煙過度な飲酒食品添加物大気汚染激しい運動などにより、活性酸素が作られることが知られています。

増えすぎた活性酸素への対処法

素材 ベッド
上述の「活性酸酸素が作られる要因」をチェックして、なるべくこれらを避ける、あるいは適度にすることが大切です。

自分で努力できる項目のうち、多くはバランスのよい食生活と規則正しい生活でカバーできますよね。

また、自分にとって何がストレスになり、何をすればリラックスできたり、ストレス発散をすることができるかを見つけておくこともとても大切。

張りつめた神経を緩め、リラックスできる時間を意識的に作ることや、自分の好きなことを見つけ、ひとときでも無心で取り組むのもいいですよね。

老化に繋がる酸化・・・抗酸化に効果的な食べ物について、またの機会に記事を書きたいと思います。

葉月 敬子

肌も体も頑強とは言えず、肌のこと、体のこと、ずいぶん彷徨ってきました。そのため「敏感肌用コスメ」「保湿ケア」に関心が高く、歳を重ねた今は「エイジングケア」に...

プロフィール

合わせて読みたい

PICKUP

ABOUT

年齢肌に負けないエイジングケア!
おすすめ化粧品レビューブログ。

RECOMMEND