美白ケア4つの方法

UV 日焼け止め
日焼け対策

白い肌でいたい女性は多いと思いますが、肌の老化を促進する紫外線から守ることは、肌を白く保つだけでなくアンチエイジングにもつながります。

浴びてしまった紫外線は肌に蓄積され、光老化による変化をもたらします。

この光老化は紫外線を浴びた時間と強さに比例するとされ、顔や手のように直接紫外線を浴びる露出部の肌の老化原因の約8割は光老化にあるといわれているほど。

だから、肌の白さだけでなく、キメの整った潤いのある美しい肌を守るためにも、紫外線対策は非常に大切なんですね。

美白ケアにはいくつかの方法があります。

自分に合った方法、取り入れやすい方法をみつけて、美しい白い肌を手に入れましょう✨

1.スキンケアで美白する

化粧水 スキンケア

まずこのブログの得意分野でもある、スキンケア。
美白成分が配合された「美白化粧品」を使うことによって美白ケアを行う方法です。

美白化粧品にはシミの原因となるメラニン色素の生成を抑えたり薄めるたりする成分が配合されており、シミ対策に効果的です。

しっかり肌の外から有効成分・美容成分を取り入れ、白い肌に導きましょう。

乾燥肌の人のなかには、美白化粧品は保湿力が足りないから苦手という人もいらっしゃるかもしれません。しかし最近は、保湿力も備わった美白化粧品が沢山出ています。

また、週に1度程度のピーリングで、肌のターンオーバーを促してあげるのもよいでしょう。

美白成分

シミを予防する

ビタミンC誘導体
カモミラET
トラネキサム酸(t-AMCHA)
ルシノール(4-n-ブチルレゾルシノール)
リノール酸S
アルブチン
エラグ酸
コウジ酸
マグノリグナン
ハイドロキノン
プラセンタエキス
4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)
白蓮果® HA

できてしまったシミを薄くする

ビタミンC誘導体
ニコチン酸アミド
エナジーシグナルAMP
4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)
プラセンタエキス
レチノール
ハイドロキノン

厚生労働省が認可している薬用美白成分

アルブチン
エラグ酸
カモミラET
コウジ酸
トラネキサム酸(t-AMCHA)
ビタミンC誘導体
プラセンタエキス
マグノリグナン
ニコチン酸アミド
ルシノール(4-n-ブチルレゾルシノール)
リノール酸
t-シクロアミノ酸誘導体
4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)

 

これらの成分が配合された化粧品を選んで、使ってみましょう♪
素材 動物 あひる

2.紫外線対策で美白する

美白の基本は、何と言っても紫外線をカットする「UV対策」です。

そもそも紫外線をカットできれば、光老化はぐんと遅らせることができます。

UV対策には、日焼け止めや紫外線を反射するファンデーションやパウダーを使用したり、太陽の下ではなるべく肌を出さないようにし、外出の時には日傘を活用しましょう。

3.食べ物で美白する

野菜

美しい白い肌を手に入れるために、美白効果がある食事も心がけましょう。

化粧品で体の外から美白成分を送り込むのと同時に、食事で体の内側から必要な栄養素を届けることにより、効果が高まります。

下のリンクの記事では、栄養素別に多く含まれる食べ物と摂取の注意点などをご紹介しています。日々の食事を少し意識するだけで、効率的に体の内側からも美白肌を手に入れることができます。

食べ物は肌だけでなく、体も作ります。バランスよく摂取しましょう。

4.サプリメントで美白する

飲む日焼け止め人気サプリメントの比較

食事で摂りきれない栄養素はサプリメントで補う方法も。

美白で知られる成分をサプリメントでプラスすることで、より効果的に白く美しいお肌を目指すことができるので参考にしてみてくださいね。

美白サプリ

以下のような、美白成分・抗酸化成分が配合されたサプリメントが販売されています。

アスタキサンチン
ビタミンA、ビタミンE、ビタミンC
ピクノジェノール
プラセンタエキス
トラネキサム酸
リコピン
レスベラトロール
L-システイン

飲む日焼け止め

紫外線対策成分の「ニュートロックスサン」と「リコピン」は、専門機関による研究データもあるんだよ!
素材 動物 ひつじ

しかも!最近は飲む日焼け止めもあります。
夏の間だけ利用するのも効果的。

飲む日焼け止めに配合される紫外線対策成分で「ニュートロックスサン」と「リコピン」の2種類は、紫外線によるダメージを抑制・軽減する成分として、専門機関による研究データもあります

たとえばニュートロックスサンの研究では、推奨量の250mgを毎日摂取した場合、2ヶ月間で約35%、3ヶ月間で約60%、紫外線に対する保護力が増加したという結果が出ました。

また、日焼け後の摂取でも、ダメージを50%以下にできることが確認されています。

この成分はグレープフルーツの水溶性ポリフェノール「ナリンゲニン」と、ローズマリーの脂溶性ポリフェノール「カルノシン酸」「ロズマリン酸」なので、食事では採ることが難しく、副作用の報告もない成分なので、ぜひ検討してみてください。

飲む日焼け止めについては、下のリンク先の記事で人気サプリを詳しく比較しています。

葉月 敬子

肌も体も頑強とは言えず、肌のこと、体のこと、ずいぶん彷徨ってきました。そのため「敏感肌用コスメ」「保湿ケア」に関心が高く、歳を重ねた今は「エイジングケア」に...

プロフィール

合わせて読みたい

PICKUP