• HOME
  • メイクアップ
  • ディオールのアイシャドウ、新サンククルールは何が変わる?ブルーベース夏タイプのおすすめカラーも注目

ディオールのアイシャドウ、新サンククルールは何が変わる?ブルーベース夏タイプのおすすめカラーも注目

ディオール サンク クルール 新色

ディオールのアイシャドウ「サンク クルール」が来月、装い新たに生まれ変わります。

以前このブログで、従来のカラーの中からブルーベース夏タイプにお勧めしたカラー は残念ながら廃番に…。

そこで今回は、

1 新サンククルールは、これまでとどう変わるのか?
2 新しいカラー展開はどのようなものか?
3 その中で最もブルーベース夏タイプが使いやすいカラーはどれか?

この3つを中心に、じっくり見てみたいと思います。

新「サンク クルール」は何が変わるのか

クリスチャン ディオール アイシャドウ サンククルール 156 ディオール サンク クルール 新色 357 エレクトリファイ

以前も書いた通り、このパレットの「カラーバリエーション」はとても計算され尽くされていて、使い方によって様々な表情をもたらします。

そんな特別な色の組み合わせ法はそのままに、大きく2つの点で変化があります。

2つの変化

公式サイトでは、以下のような説明が。

ディオール ルックの象徴であり、色彩と視覚的効果のノウハウが凝集されたサンク クルールが生まれ変わります。

今まで以上にクリエイティブに、いっそう鮮やかに発色するピグメントと多彩なエフェクト。

女性たちは、色のあらゆる表情を追求し、それぞれあらゆるパーソナリティを自由に表現できるようになります。

サンク クルールを手にすれば、自己表現は無限に広がり、創造性は解き放たれ、今まで以上に大胆にカラーを楽しむことができます。

これまでよりも発色が鮮やかになったことで、彩度や明度が広がりました。

選び抜かれた5色から、今の気分やTPOに合わせて自由自在に、単色使いはもちろん、複数の色を組み合わせて演出することができます。

たったひとつのパレットで簡単に、ナチュラルな仕上がりも、モードでエッジィな仕上がりも作れるから、本当に便利なパレットですよね。

「発色」が一層鮮やかになった。
さらに幅広く表現することができるようになった。

オイルで包んだ粒子、極上の付け心地と発色

ディオール サンク クルール 新色 357 エレクトリファイ

ディオール研究所の専門技術で、見たままの色がまぶたの上で再現します。

これ、高発色の細かいピグメント粒子を、一つ一つ柔らかいオイルで包み込んでいるんですよ。
だから、指先で触れるとクリーミーな感触なんです。

粉っぽさが全然なくて、しっとり極薄フィルムのようにまぶたと一体化。そのうえ時間が経っても変色や粉落ちしない耐久力です。


新「サンク クルール」カラー展開 全色紹介

ディオール サンク クルール 新色

カラーは全部で11色と、店舗限定色1色。
店舗限定色は、ディオールの公式サイト からでも購入できますよ。

ひとつひとつのパレットには「なりたい眼差しを表現する “シェードストーリー”」がついています。

たとえば・・・

ディオール サンク クルール 新色 867 アトラクト

「華やかな魅力で周囲を惹きつける」867 アトラクト。

今シーズンのサンク クルールの主役は、目元に深みを与える、煌めくウォーム ブロンズのハーモニー。

フォーカスには眩いピンクがセットされ、さらなる閃光をプラス。

メタリックとサテンの2種類の色調と仕上がりの組み合わせが、洗練されたクチュール アイズを完成させます。

ディオール サンク クルール 新色 357 エレクトリファイ

「意外なカラーの組み合わせで衝撃を与えるような」357 エレクトリファイ。

マット、サテン、ラメ、グリッター…多彩なエフェクト、いっそう鮮やかな発色とがおさめられた新サンク クルール。

パレットに配色されたエフェクトとカラーが互いにブレンドしやすいようデザインされたカラー ハーモニーが、どんな組み合わせでも美しく、バランスのとれたメイクアップを叶えます。

このようにストーリーがついていると、どのような使い方ができるのか、完成のイメージがしやすくていいですね。

仕上がりイメージ

次に、仕上がりのイメージをご覧いただきましょう。下の画像は、767 インフレイム を使用しています。

ディオール サンク クルール 新色 インフレイム

美人な上に美しい瞳。

わたしにはあんまり参考にならない気もしますが、どこにどの色を使っているのかはだいたい分かります。

新「サンク クルール」のカラー展開は下の画像の通り。先述のとおり全11色(店舗限定色1色)です。
ディオール サンク クルール 新色

ブルーベース夏タイプにおすすめのカラーは?

ディオール サンク クルール 新色 157 マグニファイ

さて、カラー展開を見て一番気になるのは、ブルーベース夏タイプに合う色。
11色の中からおすすめしたいのは、何と言っても 157 マグニファイ。

クリスチャン ディオール アイシャドウ サンククルール 156以前おすすめしたのは、左の 156 フェム フルール でした。

見比べて頂くと、とてもよく似たトーンであることが分かると思います。

以前のパレットよりも色相と明度が広がり、さらに自由度が上がっていますよね。

単色から5色まで何色でも表現できそうです。単色で濃淡をつけたり、複数の色のグラデを効かせたりと、なかなか遊べる組み合わせ。このパレット1つあれば、様々なシーンや気分に対応してくれそうです。

以前のカラーはハイライト的に使える色がありませんでしたが、新サンククルールなら、メリハリを効かせることができます。

それでも、156 フェム フルール が持っていた「柔らかみ」の個性は残っています。これなら夏タイプにぴったり。

新「サンク クルール」商品詳細

ディオール サンク クルール 新色 357 エレクトリファイサンク クルール
​2017年6月2日(金) 新発売
全11色(店舗限定色1色)
7,600円(税別)

この画像は 357 エレクトリファイ。

引用箇所 出典:ディオール 公式サイト

葉月 敬子

肌も体も頑強とは言えず、肌のこと、体のこと、ずいぶん彷徨ってきました。そのため「敏感肌用コスメ」「保湿ケア」に関心が高く、歳を重ねた今は「エイジングケア」に...

プロフィール

合わせて読みたい

PICKUP