• HOME
  • 美顔器
  • 美顔ローラーの種類・効果・使い方(型・素材別)

美顔ローラーの種類・効果・使い方(型・素材別)

美顔ローラー
美顔器

美顔器や美顔ローラーを侮っていませんか?

などと言ってるわたし自身、完全に侮っていたんです。しかし、美顔器を久しぶりに使ってみてその素晴らしさに感嘆し、このブログでも色々ご紹介してきました。

美顔ローラーは、血行やリンパの流れを促進させ、老廃物の排出を助け、むくみ改善やリフトアップ、肌の活性化など様々な効果があります。しかも、美顔器より気楽。

いつものスキンケアに美顔ローラーでのケアをプラスすることで、お手入れの効果を高めることができます。

美顔ローラーは、使用法が簡単でいつでも気軽にお手入れできるため、継続もしやすく効果も実感しやすいところが魅力。


と言っても、美顔ローラーの効果に医学的根拠があるのかどうかというと、はっきりとしたデータはありません。

ですが、美顔ローラーを肌の上に転がすと物理的にマッサージ効果が得られることは確か。そして、その形状が肌や脂肪や表情筋に与える影響も違います。

また、使用されている素材も、やはり肌触りも違えば肌が受ける影響も異なるでしょう。

そのことを確認したうえで、ここでは一般的に言われている美顔ローラーの型別・素材別の種類と効果、使用法、特徴などをご紹介しますね!

美顔ローラーの種類1【型別】

美顔ローラーは大きく3種類に分類することが出来ます。それは「Y型」「Yボール型」「スティック型」。種類によって肌へのアプローチの方法が違うため、その効果も異なります。

それぞれの特徴を理解してから購入すれば、よりよい効果を期待できるでしょう。

1.Y型「使いやすく肌にフィットしやすい」

期待できる効果・こんなケアにオススメ

むくみ解消・リフトアップ・くすみやくまの解消。初心者におすすめ

肌にフィットして、血液やリンパの流れを促進する。
化粧品の美容成分の浸透を助ける。

使い方
フェイスケア
軽く肌にあて、ゆっくりと下から上へ、内から外へと滑らせる。
ボディ
首・頭皮・ヒップ・手の甲・二の腕・足など、カラダのケアも。
基本は下から上、内から外へと滑らせます。
細かい部分やツボ
小鼻などの細かい部分やツボには、軽く押さえてピンポイントケア。

Y型の美顔ローラーは肌をつまむ働きはありませんが、血液やリンパの流れに働きかけるので、むくみが気になる時に使用すると、引き締め効果が期待できます。

血行を促すことにより、血液から肌に栄養素を届けると共に、化粧品の有効成分や美容成分を届けるサポートをします。

肌に優しくフィット。

肌をつまむなどの強い力が働かないため、美顔ローラー初心者にもおすすめ✨

素材 動物 あひる
注意点

特にありませんが、使用回数や時間が指定されているものもあるので、使用方法をよく読み、使い過ぎに注意しましょう。

2.Yボール型「肌をつまむ働きが強い」

期待できる効果・こんなケアにオススメ

脂肪に働きかけて引き締め、リフトアップ・むくみ解消

皮膚をつまんで直接働きかけるため、よりダイレクトに血行やリンパの流れを促進。
小顔効果や、たるみの引き締め、リフトアップ効果が期待できます。

使い方
フェイスラインケア
口角から頬骨の下を通って耳横までローリングする。
フェイスケア
片方のローラーで頬を持ち上げるように、口角から鼻横までローリングする。
ボディケア
身体のラインに沿って、肌の柔らかい部分をつまみ上げるように、下から上へローリングする。

Yボール型の美顔ローラーは、皮膚をつまむことによって肌に強く働きかけます。

血行促進やリンパの流れに働きかけるだけでなく、ボールが肌を揉むことで脂肪にも刺激を与えるため、肌のたるみを解消し、小顔効果・リフトアップ効果が期待できます。

たるみのない引き締まった肌を目指す場合におすすめの美顔器ローラーです。

皮膚をつまんでダイレクトに働きかけるから、血行促進やリンパの流れを改善するだけでなく、脂肪にも働きかける✨
素材 動物 ひつじ
注意点

力の入れすぎに注意して、肌の上をやさしく転がしましょう。

3.スティック型・T型「細かい部分・平面のお手入れが簡単」

期待できる効果・こんなケアにオススメ

目の周辺・小鼻・口元などの細かいパーツ、平面の手の甲などもしっかりケア

Y字型美顔ローラーでは届きにくい細かい場所や、平面のケアも得意。
携帯性に優れ、気になったときにいつでもケアできるから気楽に継続できる。

使い方
フェイスケア
肌に軽く当て、ゆっくりと下から上へ、内から外へ滑らせる。
額・目元・Tゾーン・首のケア
額は左右に、眉間は上下に滑らせる。目元は内側から外側へ。首は上下に。
小鼻などの細かい部位のケア
小鼻の脇などの狭いところは、バーの端部を使ってケアする。

スティック型の美顔ローラーは、顔の広い面だけではなく目の周辺や鼻すじ、口元などにも楽に使用できるのが魅力です。

もちろんス他の形状と同様、血液やリンパの流れにも優しく働きかけるので、むくみや肌のターンオーバー(新陳代謝)が気になる時に使用することにより、老廃物を外に排出しやすい肌環境を目指すことができます。

スティック型は美顔ローラーの中でも最も携帯しやすい形状ですので、気になった時にすぐにケアできるところが大きな魅力。

また、スティック型・Tバーヘッド型・U型という形状は、顔やボディのどんな場所でも使いやすく簡単にコロコロできるから、気楽に継続したい人に適しているでしょう。

目元・口元・小鼻などの細かい場所、手の甲や首などの平面も、簡単に使えるのが魅力✨
素材 動物 りす
注意点

バーヘッドの部分が、T字ではなく緩いU字になっていたり、パターになっているものもあります。主に使用したい部位などに応じて選びましょう。

美顔ローラーの種類2【素材別】

1.プラチナ素材「エイジングケアが得意」

期待できる効果・こんなケアにオススメ

マイナスイオンでターンオーバーを整え、抗酸化作用も

抗酸化作用で、年齢肌が気になるアンチエイジングケアに。
マイナスイオンの働きにより、化粧品の美容成分をしっかり肌に届ける。

美顔ローラーのプラチナ素材は、マイナスイオンを発生させる特徴があります。

お肌は表面の角質層はプラスイオンが多く、内部の顆粒層はマイナスイオンが多くなっており、皮膚に電気の膜が張られているため、有効成分や美容成分が肌に届きにくくなります。

そこで、マイナスイオンを肌に触れさせると、角質層と顆粒層が中性になるため、有効成分や美容成分が届きやすくなり、よりスキンケア効果が期待できます。

また、白金ナノコロイド配合の化粧品に見られるように、プラチナ素材には抗酸化作用があると言われ、年齢肌が気になる人のアンチエイジングにもおすすめです。

プラチナは耐久性に優れ劣化しにくく、比較的金属アレルギーが出にくい材質です。

2.ゴールド「生体電流に似た微弱電流で活性化」

期待できる効果・こんなケアにオススメ

生体電流に似た微弱電流で、肌細胞を活性化

肌細胞の活性化により、コラーゲンやエラスチンをつくり出す細胞の働きもUP。
抗酸化・老廃物排出・血液循環向上などの働きがあると言われる。

人の体に流れる微弱電流と同じ波長をもつのがゴールド。美顔ローラーのゴールドが肌に触れることで体内電流が活発になります。

肌細胞そのものが活性化されれば、コラーゲンやエラスチンをつくり出す細胞も活性化され、ターンオーバー(新陳代謝)もアップし、肌のターンオーバーを整える働きが期待できます。

ゴールドも、よく化粧品に配合されていますよね。
それは、抗酸化や老廃物排出、血液の循環がよくなるなど様々な働きがあるといわれ、安全性が高いことも実証されているからに他なりません。

3.ゲルマニウム素材「ターンオーバーが得意」

期待できる効果・こんなケアにオススメ

マイナスイオンでターンオーバー(新陳代謝)を整える。

肌のターンオーバー(新陳代謝)を整えることにより、シミやくすみを改善して透明感のある肌を目指すことができる。

ゲルマニウム素材の美顔ローラーは、マイナスイオンが発生することでお肌のイオンバランスを整えます。

カラダはマイナスイオンとプラスイオンのバランスを保とうとしますが、外部の刺激やストレスなどでプラスイオンが増加します。すると肌の働きが低下してしまいます。

肌の働きが低下すると肌に元気がなくなり、肌のターンオーバー(新陳代謝)が乱れ、シミやくすみが生じてしまいますが、マイナスイオンの美顔ローラーで肌をケアすることにより、肌の働きをサポートします。

ターンオーバー(新陳代謝)を整えることで老廃物が排出されやすくなるので、透明感のある肌の手助けとなります。

また、ゲルマニウムは32℃以上でマイナスイオンを発生するため、人間の肌は反応しやすい温度なのです。

4.チタン素材「入浴中も使用できる」

期待できる効果・こんなケアにオススメ

肌に優しく、入浴中もケアが可能

金属アレルビーが出にくい、安心素材。

チタン素材の美顔ローラーは、酸化しにくく錆びにくいので入浴中も使用できるものが多いのが嬉しいところ。お風呂の中で血行がよくなっているときのケアなら、効果も上がります。

また、チタン素材は医療分野など広く使用されている素材で、金属アレルギーが出にくいのも嬉しい特徴。

肌に刺激が出にくいものがいい、湯船につかりながらケアしたい、という希望がある人にはおすすめの素材です。

5.セラミック「遠赤外線で血行促進」

期待できる効果・こんなケアにオススメ

遠赤外線効果でターンオーバー(新陳代謝)を促す

遠赤外線を放出させて、血行を促進する。

セラミック素材の美顔ローラーは、血行を促進し、肌のターンオーバー(新陳代謝)を促します。

セラミックは遠赤外線を放出させています。
遠赤外線には、冷えを防いだり、自律神経のバランスを整える効果があると言われています。

金属アレルギーの方でも、セラミックなら使用できる方が多いのも魅力です。

美顔ローラーの効果

美顔ローラーは、おおよそ次の3つの働きによる効果が期待できます。

1.血行促進

美顔ローラーは、肌をマッサージして血液やリンパの流れを促す効果が期待できます。

手でマッサージするのは力も必要ですし、顔も手足やボディもとなると大変ですが、美顔ローラーのような道具があれば、手軽に均等にマッサージすることができます。

2.ターンオーバー

血行を促進することでターンオーバー(新陳代謝)を促すだけでなく、美顔ローラーに使われている素材にはマイナスイオンを発生させるものが多いため、マイナスイオン効果でさらにターンオーバーを助けることができます。それは、化粧品の美容成分をしっかり肌に届けるサポート役になってくれます。

美顔器ローラーのケアによってターンオーバー(新陳代謝)のリズムを整えることによって、古くなった角質や、角質層に留まっているメラニン色素も外に排出されやすくなりますよね。

古い角質は排出し、規則正しく新しい皮膚と入れ替わることにより、シミやくすみが改善されて、透明感のある肌を目指すことができるというワケです。

3.リフトアップ

特にYボール型の美顔ローラーは、しっかり肌の脂肪や筋肉に働きかけるため、リフトアップ効果が期待できます。

美顔ローラーがあれば肌に均等に力を加えることができ、押さえすぎる心配もほとんどないため非常に便利です。

美顔ローラーの注意点

肌の状態

美顔ローラーを使用するうえでそれほど大きな注意点はありませんが、まずは肌の状態を見て使用しましょう。

肌にニキビや傷ができている時に使用すると刺激を与えて症状を悪化させてしまうかもしれません。

力加減と使用頻度

また、力の入れすぎや過度の使用は逆効果。

肌の構造

上の図を見てください。真皮層にコラーゲンやエスラチンの線維があることが確認できると思います。力を入れすぎるとこの大切な線維を傷つけ、シミやしわの原因となったり、押さえすぎることで緩んでしまい、かえってたるみの原因になってしまうことがあります。

欲張る気持ちは抑えましょう。笑

金属アレルギー

これは言うまでもないことかもしれませんが、金属アレルギーのある方は自分の肌に合うものを選びましょう。

美顔ローラー まとめ

ここで、すべてのタイプにだいたい共通する使い方をまとめておきましょう。

共通する使い方

フェイスラインケア
顎を集中的にローリング。あごの部分のお肉にしっかりフィットさせながらケアしてください。
ネックケア
首筋に沿って上下にローリング。首の付け根や後頭部の下あたりにを重点的に。
二の腕ケア
ひじから下に向かってローリング。角度と強度を調節してケアしてください。
美脚ケア
足首からひざの後ろまでローリング。さらに足の裏側を転がしましょう。
ウェストケア
ウェスト側部をローリング。くびれに沿って転がしましょう。

美顔ローラーは、いつでも手軽にケアできるところが大きな魅力。

なかなか継続できないタイプの人でも、これなら準備もいらないし、ちょっとした隙間時間を利用できるので、継続しやすいのではないでしょうか。

自分の目的に合ったものを選び、適度な頻度と強度を保つことを気を付けて、美しい肌を手に入れましょう✨

葉月 敬子

肌も体も頑強とは言えず、肌のこと、体のこと、ずいぶん彷徨ってきました。そのため「敏感肌用コスメ」「保湿ケア」に関心が高く、歳を重ねた今は「エイジングケア」に...

プロフィール

合わせて読みたい

PICKUP