• HOME
  • 美容成分
  • 「アスタキサンチン」について<強力な抗酸化力でアンチエイジング!>

「アスタキサンチン」について<強力な抗酸化力でアンチエイジング!>

アスタキサンチン

アンチエイジングの心強い味方、高い抗酸化力で知られる「アスタキサンチン」について、詳しくご紹介します。
「アスタキサンチン」は、シワ抑制、クスミやシミの防止など、様々な効果が報告されているとても魅力的な成分のひとつです。

アスタキサンチンとは

鮭アスタキサンチンは自然界に存在する赤色の色素で、サケ、エビ、カニ、オキアミなどの海洋動物に多く含まれる、赤い色をしたカロテノイドです。

動物はアスタキサンチンを自ら作り出すことはできません。
第一生産者であるヘマトコッカスという海の藻類をオキアミなどの動物プランクトンが食べ、さらにエビやカニ、サケなどの魚類…というように食物連鎖によって取り込まれます。

海洋性生物は、紫外線の悪影響から身を守るためにこのアスタキサンチンを体に備えます。
または、産卵のために川を遡るサケの場合、筋肉に大きな負担がかかりますが、このときに発生する活性酸素を消去するために、筋肉中にたくさんのアスタキサンチンを備えると考えられています。

トマトのリコピンや人参のβ‐カロテンなどのカロテノイドには、抗酸化作用の強い成分が多くありますが、中でもアスタキサンチンは特にその作用が高いとされます。

また、フリーラジカルの発生を防ぎ、炎症を予防する効果も期待されています。その効果はβ‐カロテンやビタミンEよりも強いという報告もあり、アンチエイジング、肌荒れ防止、クスミ防止、シワ抑制などの目的に適した成分です。

紫外線からお肌を守り、老化を抑制する

日差し紫外線を浴びると表皮で大量の活性酸素が生み出されて表皮の細胞膜を次々と酸化させ、過酸化脂質に変えていきます。このような反応が続くと肌が対応しきれなくなり、表皮細胞の代謝が衰えて肌が老化し、その結果、シミやシワができやすくなります。

紫外線によって発生する活性酸素は「一重項酸素」。アスタキサンチンは、老化に影響を及ぼす「一重項酸素」を消去する効果が極めて高いことが報告されています。

さらに、シワ形成の抑制作用もあることが研究発表されています。

シミを防いで美白へ導く

3_062f紫外線を浴びると、皮膚で炎症が起こり日焼けを起こしますが、その後、表皮の最下層にあるメラノサイトでメラニン色素が作られ、皮膚が黒くなっていきます。
これは紫外線から肌を守るための防御反応で、通常は自然に消えていきますが、加齢やストレスで肌が対応しきれなくなるとメラニン色素が表皮で沈着し、シミやソバカスとなってしまいます。

アスタキサンチンを塗ると、表皮で活性酸素の多くが除去されるため、活性酸素によって起こる炎症促進物質(サイトカイン)の産生が抑えられ、それによってメラノサイトの活性化、メラニン色素の生成が抑制されると考えられています。

「アスタキサンチン」が含まれた、おすすめコスメ

“高濃度”アスタキサンチン配合のクリーム

リフトアップ効果もあり、肌がピン! 翌朝、違いを実感

高濃度アスタキサンチンS配合 エイジングケア薬用美容液「アスタブラン リフトセンセーション」コーセー

高浸透型ビタミンC誘導体など、ブライトニング成分やエイジングケア成分配合

驚くほど様々な美容成分が詰め込まれたクリーム

ドクターシーラボ 「スーパーホワイト377VC」 ブライトニング美容液

ハンド・リップケアにも

小ジワ、肌荒れ、美白などに有効な成分も配合の贅沢さ

手の小ジワ・肌荒れ・美白に・・・インフィニティ「ビューティーハンドセラム ホワイト」コーセー

唇の表情年齢を左右するエイジング症状をトータルケア! 乾燥・くすみ・シワなどに

唇もエイジングケア「インフィニティ ビューティリップセラム」コーセー

葉月 敬子

肌も体も頑強とは言えず、肌のこと、体のこと、ずいぶん彷徨ってきました。そのため「敏感肌用コスメ」「保湿ケア」に関心が高く、歳を重ねた今は「エイジングケア」に...

プロフィール

合わせて読みたい

PICKUP

ABOUT

年齢肌に負けないエイジングケア!
おすすめ化粧品レビューブログ。

RECOMMEND