エリクシール シュペリエル リフトモイスト ローション [医薬部外品]

前回、「エリクシール オリジナル美顔器 限定キット」をご紹介しましたが、美顔器についてご紹介しているうちに長くなってしまったので、今回はローションについてご紹介したいと思います。

エリクシールは独自のコラーゲン研究による成分で、大人の肌が手ごたえを感じるためのシリーズ。

それは2つのラインに分かれています。

ハリの「シュペリエル」 (高保湿・ハリ)医薬部外品
美白の「ホワイト」 (高機能・美白)医薬部外品

「シュペリエル」にも「ホワイト」にも、ハリのための成分も美白のための成分も含まれているので、いずれかを捨てるという残念な気持ちになる必要はなく、どちらがより自分が求める肌かで選ぶことができます。

乾燥肌の人や秋冬の乾燥する季節には、やはり「シュペリエル」がおすすめ!

3種類の化粧水

そして「シュペリエル」の化粧水は、さらに3種類に分かれています。肌タイプや好みで選べます。

さっぱり
みずみずしく、さらっと軽い感触。
肌になじみやすい成分を配合し、角層まで素早くさっと浸透します。
しっとり
しっとりなめらかな、とろみ感触。
肌に触れた瞬間、濃密なとろみがみずみずしい液状に変化し、肌にフィットしながら角層まで浸透します。
とてもしっとり
こっくり濃厚で、まろやかな感触。
肌になじませると反発力を生む成分を配合し、硬くなった角層を包み込むようにほぐしながら浸透します。

このように「シュペリエル」の化粧水は「さっぱり」「しっとり」「とてもしっとり」の3種類あるのですが、わたしは「しっとり」が大好き。

「しっとり」は、とろみがあってなめらかな感触。
コットンにつけて使用してもトローンと肌当たりが優しくて心地いい。
トロみがあるのに肌に伸ばすとスッと浸透して、つけた後はサラッとした感じなんです。
この心地よさが大好き!

つけすぎると吹き出物が出てしまうわたしの肌でもたっぷり塗って大丈夫なんです。
だから、コットンにたくさん含ませながら美顔器でケアしています。

「表情による角層の折れ線」を防ぐ!

なんとエリクシールの化粧水は、肌にうるおいを保つために肌環境を整え、角層の「ケラチン線維」を整列させる効果があることが発見されているんです!

だから、うるおいだけでなく「表情による角層の折れ線」を防いでくれる、エイジングケアには頼もしい化粧水なのです。

使用方法

1 洗顔の後、コットンに500円硬貨大よりやや大きめにたっぷりとり、中指と薬指にのせ指にはさみます 。
2 ほおや額などの広い部分からはじめ、顔の中心から外側に向かって、顔の丸みにフィットさせゆっくりと顔のすみずみまでていねいになじませます。(それぞれ2~3回繰り返します)
3 首に塗布する場合は、最後に下から上に向かってなじませます。

以上が基本的な使用方法ですが、わたしは断然美顔器での使用をおすすめしたい!
美顔器に有効な成分が含まれているし、実際に使ってみて本当にイイ!と思ったのでぜひ。

全成分

エリクシール シュペリエル リフトモイスト ローション W Ⅱ 資生堂 全成分クリックすると、大きな画像が開きます。

トラネキサム酸*,イノシット,チンピエキス,水溶性コラーゲン(F),オリーブ葉エキス,塩酸リジン,リン酸L-アスコルビルマグネシウム,精製水,ジプロピレングリコール,濃グリセリン,エタノール(96〜96.5度),ポリオキシエチレン(14)ポリオキシプロピレン(7)ジメチルエーテル,ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンデシルテトラデシルエーテル,エリスリトール,カルボキシビニルポリマー,エデト酸二ナトリウム,ピロ亜硫酸ナトリウム,1,3-ブチレングリコール,ローズマリー油,L-アルギニン塩酸塩,酵母エキス(3),フェノキシエタノール,香料  *は「有効成分」無表示は「その他の成分」
トロみがあるのに、スッと浸透してベタつかない。

うるおい・ハリ成分だけでなく、トラネキサム酸が配合されていて、メラニンの生成も抑えてくれます。
エジングケアに、とても満足のコスメです!

資生堂 エリクシールシュペリエル リフトモイストローション W II

資生堂 エリクシールシュペリエル リフトモイストローション W II

角層のすみずみまでうるおいで満たし、湧き上がるようなハリと透明感あふれる肌へ導く薬用化粧水です。メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぎます。しっとり、なめらかなとろみのある感触です。

葉月 敬子

肌も体も頑強とは言えず、肌のこと、体のこと、ずいぶん彷徨ってきました。そのため「敏感肌用コスメ」「保湿ケア」に関心が高く、歳を重ねた今は「エイジングケア」に...

プロフィール

合わせて読みたい

PICKUP